マイナンバーのBPOサービス

マイナンバーは住民票のある住所に通知カードが送付され、社会保障、税、災害対策の分野で利用されます。

その目的としては複数の機関にある情報を効率的に確認することができるようにして、行政の作業効率、国民の利便性向上、そして公平で公正な社会基盤として始まりました。行政での手続きはこれまで別のところで書類を集めてそれをまた別のところで持っていくなど、複数の機関から情報を集めたり手続きが必要でした。

マイナンバーによって複数の機関の連携が進むことになり、作業の重複など利用者の負担も軽減されるようになるのです。マイナンバーは会社でも必要となります。社会保険の手続きや税金の書類作成に必要となってきます。そこで働く人の番号を集めて、本人確認をして管理しなければならないことになります。

これら一連の作業には安全に管理をしなければならないことから高度なセキュリティを備えて情報漏洩しないように管理しなければなりません。BPOは会社に代わって従業員などマイナンバーを収集して、セキュリティの高いシステムで管理をするというサービスなのです。

BPOによる会社のメリットは事務負担を軽減することができるということ、特定個人情報の管理としてリスクも軽減することができるということです。特にパート、アルバイトなど頻繁に採用するような人の出入りが多い会社などBPOサービスによるメリットは大きいです。セキュリティの高い仕組みで法定調書や源泉徴収票などの作成も可能となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です