気になるマイナンバーの保管について

マイナンバーの利用が始まったものの、企業の中には保管をめぐって頭を悩ませている担当者も少なくありません。

マイナンバー制度の影響で、売れ行きが好調だと話題になったのが金庫です。企業では、従業員のマイナンバーを取り扱うため、漏えいなどが起こらないように細心の注意を払って問題に取り組んでいます。

社員の個人情報をパソコンで保管している場合、パソコンのセキュリティ対策が重要となります。大小の規模を問わず、すべての企業に取得から廃棄までのプロセスの整備が求められているのです。最近は、パッケージからクラウドへ移行した人も増えています。

また、マイナンバーを印刷した重要な文書を、専用のデータセンターで保存するサービスも人気を集めています。保存したデータは、Webブラウザーで検索、照会ができます。過去の書類を一括してスキャンできるサービスを提供する業者も登場しています。マイナンバー法では、厳重な保管が求められています。そして、保管の期限が来た後は、確実に破棄するようにします。現在では、スキャナー保存要件が緩和されていることもあり、国税関係書類の電子化も検討できるようになっています。

最近は、生体認証も大きな注目を集めています。体の情報は、本人だけのものなので、偽造の心配がありません。認証は、手のひらをセンサーにかざすだけでいいので、ユーザーに対する負担はほとんどありません。生体認証といっても、ローカル運用向けのパックは、サーバーの導入が不要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です