マイナンバー収集代行サービスを利用するメリット

ついにマイナンバー制度が始まりました。

この制度は複雑になっている行政の業務、手続きを効率化すると同時に国民にとっても税の公平化を実現するためのものとして非常にメリットの多い重要なものです。しかし一方で、企業にとっては管理すべきものが増え、業務が増える要因にもなります。

従業員やその家族等の番号を集め、行政などへの提出に使用すると同時に、管理をきちんとしなければならないからです。特にこのマイナンバーは一般的な個人情報よりもさらに厳密な管理を要求されますし、漏洩時の罰則なども厳しくなっています。きちんとした管理をするためには業務を見直すだけでなく、設備を新規に導入したりといったことも考慮しなければならないこともあります。

そこでよく利用されているのが、マイナンバーの収集代行サービスです。では、こういった収集代行サービスには具体的にはどんなメリットがあるのでしょうか。まず最も大きいのは、費用の削減です。先ほどもお話した通り自社でマイナンバーを収集し、管理するのは人件費、設備費ともに負担が大きいものとなります。これを収集代行サービスにアウトソーシングすることで、掛かる費用を初期投資、ランニングコスト共に抑えることができるのです。

また、リスクマネジメントの意味でもメリットがあります。収集代行サービスはマイナンバー関連の業務を専門におこなっていますので、漏洩リスクなどに関しても自社で管理するよりぐっと低くなるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です